社名変更のお知らせ

Benefits

特長

ComponentOneのうち、ASP.NET Web Formsアプリケーション開発用の機能に限定したコンポーネントセットです。
Ajax、jQuery、HTML5/CSS3、SVGなど最新のWeb技術に対応したASP.NETコンポーネントセットです。グリッド、チャート、帳票、スケジュール、ナビゲーション、入力支援、データ視覚化など、幅広いカテゴリの機能を備えたASP.NET Web Formsコントロールを収録しています。

強力で魅力的なデータの視覚化

縦棒、横棒、折れ線、面、散布図などの一般的なグラフを組み合わせ、ダッシュボードのようなリッチでインタラクティブなWebアプリケーションを作成します。また、よりシンプルで軽く、小さなスペースに表示できるSparklineなど50種類以上のチャートも表示可能です。

ダッシュボード構築に適したUI

データグリッドだけでなくゲージ、スパークライン、ツリーマップなどデータ可視化コントロールも収録しダッシュボードを構築するコンポーネントをそろえています。

高機能FileExplorer

Windowsエクスプローラーのようにローカルフォルダにアクセスできます。

拡張コンポーネントで強化

バーコードやZipファイル生成、テーマ設定などWebアプリを強化するコンポーネントを収録しています。

最新の開発環境で利用

常に最新のOSや .NET Framework、Visual Studioに対応します。

その他の機能・特長

スマートタグ、エディタ、ウィザードによるデザイン

すべてのコンポーネントは、主要なプロパティにアクセスするためのスマートタグを設計時に表示します。

統一感のあるテーマ

CSSの知識が無くても、ThemeRollerを使用することで、機能的なだけではなく視覚的にも優れたアプリケーションを作成できます。30以上もある組み込みのjQueryテーマやオプションを使用し、統一感のあるデザインでアプリケーションを構築することができます。

ブラウザへの対応

ChromeやFirefox、Safari、Operaなど、主要なブラウザをサポートします。モダンブラウザではHTML5/CSS3、SVGチャートといった高度なWeb技術を取り入れた新機能をフルに活用できます。また、レガシーブラウザ上での表示にも配慮しており、幅広いユーザー環境に対応するWebアプリケーションを実現します。
各種標準Web技術であるHTML5、jQuery、CSS3、SVGに対応、準拠したコントロールは、エンドユーザーの操作性やデザイン性、対話性を格段に向上させます。
すべてのコントロールはブラウザ上のタッチ操作に対応しており、あらゆるデバイスにおいてインタラクティブなアプリケーションの構築を手助けします。

サンプルとドキュメント

ComponentOne for ASP.NET Web Forms には数多くのサンプルが収録されています。またWebサイトでも各種ドキュメントを公開しています。サンプルとドキュメントは各コンポーネントの主要機能を網羅しているため、学習時間の短縮に貢献し、初期導入コストを抑えて開発をスタートすることができます。

ユーザーライセンスで柔軟な開発環境を実現

ユーザーライセンス体系を採用しており、製品の使用は「ユーザー登録」を行った1人の開発者(製品の利用者)に限定されます。1ユーザーライセンスにつき上限3台のPCにインストールができるので、さまざまな環境での開発やメンテナンスが柔軟に行えます。

ASP.NET Web Formsで利用可能なコントロール

C1ReportViewerでは、レポートの生成にReports for WinFormsのC1Reportコンポーネントを使用しておりますが、Reports for WinFormsは2018年12月末を以てメンテナンスモードが終了しており、C1Reportコンポーネントに対する各種サポートサービスの提供は行われておりません。そのため、C1ReportViewerのご利用にあたっては、以下の点にご注意ください。

  • C1ReportViewerコンポーネントは引き続きご利用いただけますが、C1ReportViewerを使用しているプロジェクトのビルド時に、C1Reportが廃止されている旨の警告が表示されます(C1ReportViewerおよびアプリケーションの動作には影響はございません)。
  • C1ReportViewerコンポーネントに対するテクニカルサポートにおいて、C1Reportコンポーネントの動作に起因する不具合が確認された場合、その修正対応は行われません。

メンテナンスモード情報を見る

ナレッジベースを見る

※ 「ComponentOne Enterprise」サブスクリプションをご契約いただいただくと、他プラットフォームを含めすべてのコントロールをご利用いただけます。

無料ですべての機能をお試しいただけます

今すぐダウンロードして試す

ライセンスと価格

利用範囲ライセンス種別ライセンスの数え方ライセンス価格
開発-ユーザーライセンス本製品の機能を組み込んだアプリケーションを開発できます。1人の開発者(本製品の利用者)につき1ライセンス必要です。価格表
-配布配布ライセンス本製品の機能を組み込んで開発したアプリケーションを配布できます。特定用途を除いてランタイムフリーです。

ComponentOneのライセンスについて詳しく見る