社名変更のお知らせ

このページではComponentOneのライセンスやサブスクリプションの考え方などについて説明しています。

開発ライセンス

製品を利用しアプリケーションを開発するために必要なライセンスです。
製品のアセンブリを参照し、コードを記述して利用する場合、あるいはタグライブラリやデータ定義のような抽象化を通じて製品を利用する場合には、開発者ごとに開発ライセンスが必要です。開発ライセンスはマイアカウントに登録を行った開発者本人のみが使用できます。開発ライセンスはサブスクリプション方式のユーザーライセンスになります。

ComponentOneのサブスクリプションサービスは「ComponentOne/Wijmo サブスクリプションサービス利用規約(PDF形式)」に基づき提供されます。

配布ライセンス

製品を使用して開発したアプリケーションを配布するために必要なライセンスです。
配布ライセンスはサブスクリプションを登録したユーザー(開発者)に許諾します。

ComponentOneが提供するコンポーネントの配布ライセンスは特定用途を除いてランタイムフリーです。使用許諾契約書に従って自由に配布することができます。開発するアプリケーションやWebサイトの数、接続するユーザーおよびデバイス数に制限はありません。

なお、開発アプリケーション、サービス提供アプリケーション、機能拡張アプリケーションを、市販や配信、サービス提供、パートナー企業との共用などの目的で開発したり配布したりする場合には別途の契約が必要です。詳しくは「特別契約」項目をご確認ください。

  • 製品を使用して作成したサーバーサイドアプリケーションを配布する際に、運用サーバーのCPUコア数に応じて必要なライセンスです。対象となるのはバージョン2012J以前の旧ComponentOne Studioで、ASP.NETアプリケーションを配布する場合について必要になります。バージョン2013J以降のComponentOne(旧ComponentOne Studio)については、2018年5月1日にコアサーバーライセンスを廃止しました。
    コアサーバーライセンス廃止に関するニュースリリースを見る

サブスクリプション

開発ライセンスを利用するための契約であるサブスクリプション方式について考え方を解説します。

契約期間
  • ライセンスのご購入から1年間
  • 2年目以降の継続は契約更新(サブスクリプションリニューアル)が必要
ライセンス形態ユーザーライセンス
  • 1開発者につき1ライセンス必要
  • 1ライセンスにつき3台まで同時インストール可能
利用規約ComponentOne/Wijmo サブスクリプションサービス利用規約(PDF形式)」に基づく
契約期間中の提供サービス
  • 製品使用権(契約期間中の最新バージョンと旧バージョン)
  • 回数無制限の技術サポート(E-mail)
  • 初期費用よりも安価な特別価格で契約更新(1度満了を迎えた契約はお買い直しとなります)
  • 更新手続き前に契約期間満了日を迎えた場合は更新できません。新たに契約する必要があります。
  • 契約終了以降にリリースする最新バージョンをご利用頂けません。契約期間終了以前のバージョンは永続的に利用可能です。
  • ライセンスの譲渡、転売、貸借、貸与は、使用許諾契約書上の禁止事項に該当します。

契約期間

  • 開発ライセンス(サブスクリプションイニシャル※1)のご購入から1年間
    (初年度は出荷日から12か月後の月末までの契約期間となり利用料は無償で付属)
  • 2年目以降の継続は、任意で有償となる契約更新(サブスクリプションリニューアル※2)が必要
  1. サブスクリプションイニシャル:新規(初回)に購入するライセンス
  2. サブスクリプションリニューアル:購入後2年目以降の契約更新するライセンス

「製品のバージョンアップ」について詳しくは以下をご確認ください。

サブスクリプションリニューアル

  • サブスクリプションサービスの契約期間を延長する場合、サブスクリプションリニューアルをご注文いただく必要があります。
  • リニューアル(更新)は、お客様がマイアカウントに製品を登録していることが条件となります。
  • リニューアル(更新)は、契約満了日の6か月前から受け付けていますので、契約期間が満了を迎える前にお手続きください。
  • 契約満了前にお手続きすることで新規(初回)の購入費用よりも安価なサブスクリプションリニューアル価格で契約更新が可能です。なお、契約期間が満了した場合の更新はできません。この場合は新規での買い直しとなり、サブスクリプションイニシャル価格でのご購入が必要です。
  • 契約終了以降にリリースする最新バージョンをご使用いただけません。
  • 契約期間終了以前のバージョンは永続的に使用可能です。
  • ライセンスの譲渡、転売、貸借、貸与は、使用許諾契約書上の禁止事項に該当します。
    詳しくは以下の使用許諾契約書をご確認ください。

    「ComponentOne ソフトウェア使用許諾契約書」を見る(PDF形式)

サブスクリプションリニューアルについて詳しくは以下をご確認ください。

サブスクリプションリニューアルについて詳しく見る

旧バージョンコンポーネントの利用

契約期間満了日までにリリースされたすべてのバージョン(2013J以降の旧バージョンを含む)のインストーラを入手できます。
別途サブスクリプション契約は不要で、インストールしてお手持ちのシリアルナンバーでライセンス認証が可能です。また、入手したすべてのバージョンはサブスクリプション契約期間満了後も永続的に利用できます。

Enterpriseであればすべてのコンポーネント、プラットフォームの限定エディションであれば同一エディション内のコンポーネントが対象です。

特別契約

同一の企業内で利用される社内システムではなく、対外的に市販や配信、サービス提供、パートナー企業との共用などで利用されるシステムにComponentOneを使用する場合は、特別契約が必要となります。

オプション契約

通常利用がお客様のご利用形態に合わない場合、ご要望をお聞きしながら特別なライセンスをご提案することが可能です。法人や部署単位での導入に適したライセンスや、サブスクリプションの複数年契約など、ご要望の際は営業部までお問い合わせください。

導入例

  • 法人・団体単位/プロジェクト単位/部署単位での導入
  • 特別なサポートを希望するケース

問合せ先を確認する