社名変更のお知らせ

Wijmo Enterprise

開発ライセンス
開発ライセンス本体価格標準価格(10%税込)
1開発ライセンス(サブスクリプションイニシャル)120,000円132,000円
1開発ライセンス(サブスクリプションリニューアル) ※148,000円52,800円

※1 契約更新(次年度以降)

特別なライセンス
特別なライセンス本体価格標準価格(10%税込)
開発アプリケーション要問合せ
サービス提供アプリケーション要問合せ
機能拡張アプリケーション要問合せ

ライセンスについて

  1. 開発ライセンス(イニシャル)は、本製品を使用してソフトウェアを開発(コーディング、コンパイル、リンク、ビルド、デバッグなどの行為をすべて含みます)する際の特定の1人の開発者に対して必要となるライセンスです。1開発ライセンスで、同一の開発者が利用するコンピュータ3台までインストールが可能です。
    本製品をはじめてご使用になる前に、製品の使用者(開発者)により、マイアカウントにて「アカウント作成」および「ライセンス登録」が必要です。ご利用は、ご登録を行った使用者一人に限定され、マイアカウントへログインいただくことで、製品のダウンロードやサポートサービスがご利用できます。

    アカウントの管理を見る

    ローコード開発ツールのようなSaaSやPaaS開発環境、クラウドIDEなど、クラウド上の開発環境でWijmoを使用して開発する場合、配布用の認証コードを使用できます。
    クラウド開発環境のドメインに応じたライセンスキーを入手し、開発用のライセンスキーとして流用してください。

    デスクトップアプリケーションとして配布する場合について詳しく見る

  2. 製品の使用方法については、オンラインヘルプ、リリースノート等のドキュメントをご参照ください。
  3. 以下に示したアプリケーションを、市販や配信、サービス提供、パートナー企業との共用などの目的で開発したり配布したりする場合には別途の契約が必要です。アプリケーションについて詳しくは「特別契約」よりご確認ください。
    • 開発アプリケーション
    • サービス提供アプリケーション
    • 機能拡張アプリケーション
  4. 2018J v1以降のバージョンを使用したアプリケーションの開発や配布には、ライセンスキーの取得と設定が必要です。詳しくは以下のページをご確認ください。

    Wijmoの開発用ライセンスキーの入手手順を見る

    Wijmoの配布用ライセンスキーの入手手順を見る

サブスクリプションについて

  1. 開発ライセンスは、サブスクリプション方式での契約となり、サブスクリプションの契約期間中はテクニカルサポートや最新バージョンをご利用いただけます。初年度は出荷日から12カ月後の月末までの契約期間となり、リニューアル(更新)した場合は、契約期間を12カ月ごとに延長できます。
    詳しくは、Wijmoのライセンスの「サブスクリプション」をご確認ください。
  2. サブスクリプション契約期間を延長する場合、サブスクリプションリニューアルをご注文いただく必要があります。リニューアル(更新)は、お客様がマイアカウントに製品を登録していることが条件となり、サブスクリプション契約満了日までの間にお手続き可能です。メールにて更新完了通知をお送りいたします。なお、契約期間が満了した場合の再契約はできません。この場合は、サブスクリプションイニシャル価格が適用されます。
  3. サブスクリプション契約期間の満了後も、満了日までに入手したメジャーリリースやマイナーリリースのライセンス使用権は消滅しません。ご登録を行った使用者に限り、引き続き利用することが可能です。

ライセンスの使用権について

詳しくは「ライセンスの使用権」をご確認ください。

購入に関する注意事項について

お問合せ

ライセンスや価格についてご不明な点がございましたら、弊社営業部までお問い合わせください。

問合せ先を確認する