社名変更のお知らせ

NuGetパッケージ/リリースノート

更新履歴はNuGetパッケージのページを参照してください。

初版(2021/2/17)

DioDocs for Excel

テンプレート構文の強化(カスタム入力フィールドと検証)

日付、時間、電話番号、メールアドレス、URLなどのデータにあわせた入力方法を提供するカスタム入力フィールドと、最小・最大値、文字/数値のパターン、必須かどうかなどの入力データの検証を定義する新しい構文を提供します。このカスタム入力フィールドと検証はDioDocs for PDFで新たに提供されるJavaScriptベースのPDFビューワ(GcPdfViewer)でサポートされています。

デモを試す

テンプレート構文の強化(カスタム入力フィールドと検証)

テンプレート構文の強化(テンプレートセルのデフォルト値)

通常データソースにデータがない場合には空白セルとして出力されますが、この際にセルに出力するデフォルト値を設定できるようになります。

デモを試す

テンプレート構文の強化(テンプレートセルのデフォルト値)

ピボットチャート

ピボットチャートを追加してピボットテーブルのデータを表示できるようになります。既存のピボットテーブルの更新や削除も可能です。

デモを試す

ピボットチャート

反復計算

特定の数値条件が満たされるまで計算を繰り返す反復計算ができるようになります。最大反復回数や変化の最大値も設定できます。

デモを試す

反復計算

バーコードのPDFエクスポート

ワークシートに設定したバーコードをPDF/HTML/画像へ出力できるようになります。

デモを試す

バーコードのPDFエクスポート

外部参照式

外部参照式を設定して別ワークブックのセルを参照できるようになります。

デモを試す

外部参照

セル範囲のアドレスを取得

セル範囲のアドレスを絶対参照と相対参照の両方で取得できるようになります。

デモを試す

セル範囲のアドレスを取得

PDFエクスポートの進行状況を追跡

ワークブックをPDF出力する際の進行状況を取得できるようになります。PagePrintingイベントを使用して出力中にページをスキップしたり、PagePrintedイベントを使用して途中で出力を終了することも可能です。

デモを試す

PDFエクスポートの進行状況を追跡

複数のワークシートを選択

複数のワークシートを選択した状態にできるようになります。

デモを試す

複数のワークシートを選択

範囲内の特定のセルを取得

条件付き書式、検証、空白、コメント、定数、数式など指定されたセルの条件や値に該当する特定のセルを取得できるようになります。

デモを試す

範囲内の特定のセルを取得

ピボットテーブルの日付/時刻の自動グループ化を無効

ピボットテーブルの日付/時刻列はデフォルトでグループ化されますが、これを無効に設定できるようになります。

デモを試す

ピボットテーブルの日付/時刻の自動グループ化を無効

SpreadJSとの互換性強化

V4Jでは以下の機能が追加されます。

  • セルのパディングとラベル

    セルのパディングとラベルを設定できるようになります。

  • チェックボックスリストとラジオボタンリストのセルタイプ

    セルにチェックボックスリストとラジオボタンリストを設定できるようになります。

  • 範囲テンプレート

    ワークシートのセル範囲をテンプレートとして設定できるようになります。

  • 背景画像

    ワークシートに背景画像を設定できるようになります。

  • セルのボタン

    セルにボタンを設定できるようになります。

  • セルのドロップダウン

    セルに電卓、日付時刻ピッカーなどのドロップダウンを設定できるようになります。

  • 書式文字列

    数式とテキストの両方をセルにテキストテンプレートとして設定できるようになります。

  • バーコード

    セルにバーコードを設定できるようになります。

  • テキスト省略記号

    セルにテキスト省略記号を設定できるようになります。

  • 検証スタイル

    セルの無効なデータを強調表示するための検証スタイルを設定できるようになります。

  • JSONオプション

    JSONオブジェクトのシリアル化/逆シリアル化する際のオプションを設定できるようになります。

DioDocs for PDF

PDFビューワ

JavaScriptベースのPDFビューワを提供します。このビューワは、主要なJavaScriptフレームワーク(Angular/React/Vue.js)やASP.NET MVC/ASP.NET Coreをサポートしており、WebアプリケーションのクライアントサイドでPDFファイルを読み込んで表示することができます。ビューワに付属のツールバーで拡大/縮小、ページナビゲーション、テキストの検索や選択、印刷、ダウンロードなども可能です。また、サーバーサイドに配置したDioDocs for PDFのAPIと連携して注釈の追加や編集、PDFフォームの追加や編集などのPDFエディタとしての機能もサポートしています。

デモを試す

PDFビューワ

カスタム入力フィールドと検証の追加

PDFフォームを作成する際に、各フォームフィールドに最小長、最大長、必須などの入力データの検証と日付や時刻ピッカーおよび数値スピナーなどの入力方法を設定することができるようになります。このカスタム入力フィールドと検証はDioDocs for PDFで新たに提供されるJavaScriptベースのPDFビューワ(GcPdfViewer)でサポートされています。

デモを試す

カスタム入力フィールドと検証の追加

PDFパーサー(表形式データの抽出)

PDFドキュメントに含まれるテーブルからデータを抽出できるようになります。

デモを試す

PDFパーサー(表形式データの抽出)