社名変更のお知らせ

SpreadJS V16J

グレープシティ株式会社(本社:仙台市泉区紫山3-1-4、代表取締役社長:馬場 直行)は、業務アプリケーション開発を支援する「SpreadJS(スプレッドJS)」の新バージョン「V16J」を2023年2月22日(水)にリリースします。SpreadJSは、WebアプリケーションでMicrosoft Excel®️ライクなUIを実現するJavaScript製品です。1年定額制のサブスクリプション方式で販売しており、初回費用は、1開発ライセンスが165,000円(10%税込)、1配布ライセンス(1ドメイン)が660,000円(10%税込)となります。なお、開発ライセンス・配布ライセンスの2年目以降のリニューアル(更新)価格は、両ライセンスとも165,000円(10%税込)となります。

本バージョンでは、ワークシート上で高機能な入力フォームを実現できる「フォームコントロール」機能を追加しました。ボタンやチェックボックス、コンボボックス、リストボックスなどのExcelライクなフォームコントロールをワークシートの任意の位置に配置して、マウス操作による快適なデータ入力を実現します。この機能は、アンケートや申込フォームのデータ入力、人事データや商品の詳細情報など項目数の多いデータの管理など、幅広い用途で利用できます。また、フォームコントロールを配置したワークシートのExcel入出力も可能です。

さらに、今回の「V16J」から新しいファイルフォーマット(SJS形式)を提供します。従来のファイル形式と比較して大幅に小さいサイズでデータを保存できることに加え、内部でのファイル交換処理もより効率的になりExcelのインポート/エクスポート時の処理が高速になりました。

また、SpreadJSの基本機能はそのままに、よりグリッドビューライクなデータ表示を実現できる「テーブルシート」において、データの階層表示に対応しました。テーブルシート上の各階層データのアイコンをクリックしてデータの折りたたみ/展開ができるほか、開閉のアイコンを任意の画像に変更することも可能です。
このほか、グループ化や条件付き書式、チャートなどをはじめとしたSpreadJSの豊富な機能を試せる日本市場向けサンプルアプリケーションを追加しています。

SpreadJS V16Jの新機能

フォームコントロールの追加
ボタンやチェックボックスなどをはじめとする9種類のExcelライクなフォームコントロールを追加しました。SpreadJSのExcel入出力機能を活用することで、フォームコントロールを配置したワークシートをExcelに出力したり、インポートしたExcelファイルに含まれるフォームコントロールをSpreadJS上で利用したりすることも可能です。

新ファイルフォーマットとExcel入出力パフォーマンスの改善
新しいファイルフォーマット(SJS形式)によるSpreadJSデータの保存や読み込みが可能になりました。ライブラリ本体のほか、SpreadJSデザイナも新形式によるデータの保存や読み込みに対応します。
この新ファイルフォーマットではデータ構造の最適化が実施されており、従来のSSJSON形式ファイルと比較して、大幅に小さいサイズでSpreadJSデータを保存できるようになりました。

また、新しいファイルフォーマットをベースとするExcel入出力機能も利用可能になりました。同機能の活用により、従来よりも高速なExcelインポートとエクスポートを実現できます。

テーブルシート機能の強化
【階層データ】
テーブルシートでデータの階層表示ができるようになりました。シート上の各階層データはUIによる折りたたみや展開に対応しています。加えて、階層ごとに画像を設定したり、階層の親子関係と連動して動作するチェックボックスを設定することも可能です。このほか、コンテキストメニューや新しく追加されたAPIを利用すれば、階層レベルの上げ/下げや指定階層に対するレコードの追加といった操作も実現できます。

また、本体ライブラリとあわせてSpreadJSデザイナおよびリボンコンテナでも階層データをサポートします。同デザイナ・リボンコンテナの[データソース]画面では、テーブルシートに設定する階層データの種類やサマリー数式、階層ごとに表示する画像などの設定が可能です。

【リレーショナルデータのツリー表示】
テーブルシートパネルのフィールドエリアで、リレーショナルデータのツリー表示が可能になりました。
また、SpreadJSデザイナ・リボンコンテナの[データソース]画面でも同様に、リレーショナルデータがツリー形式で表示されるようになります。

販売管理・売上明細のサンプルを追加
「販売管理」と「売上明細」のサンプルアプリケーションを新たに追加しました。日本の業務システムで求められることの多い受注管理や売上管理、請求管理といった処理をSpreadJSで実現しています。
グループ化や条件付き書式、チャートやピボットテーブルなどをはじめとする豊富な機能の活用例をオンラインデモで確認することが可能です。

JavaScriptフレームワークのサポートを強化
Angularの最新バージョン「Angular 15」に対応したほか、昨今のフロントエンド開発で人気のフレームワーク「Next.js」「Nuxt.js」上での利用に対応しました。

開発元

グレープシティ株式会社
所在地宮城県仙台市泉区紫山 3-1-4
電話番号022-777-8210
ホームページhttps://developer.mescius.jp/